プロポリスと口内炎

スポンサードリンク

突然で恐縮ですが、口内炎ってできますか?サイト管理人ははときどきできます。痛くて仕方がありません。自分の唾液にさえ痛みを感じるので、やってられないです。
一口に口内炎と言ってもいくつかの種類があるようですが、通常良くできるものはアフタ性口内炎と呼ばれるものです。患部の中央部に浅いくぼみができる白っぽい潰瘍状の口内炎で、最も一般的なものです。ほかには、カタル性口内炎、アレルギーによる口内炎、ニコチン性口内炎など多種あるようです。

疲労や体調不良、栄養不足などの際によく発症する口内炎。口の中や口元が潰瘍になったり、ただれたりするうえ、食事の際に痛み(激痛ですよね)を伴うなど非常にやっかいな存在です。1週間くらいで治ることはわかっているとはいえ、つらいものはやはりつらいです。
痛くてしょうがない、早く治ってほしい、お邪魔虫の口内炎をプロポリスで治療や予防ができるそうです。

軽視できない口内炎

痛い口内炎ですが、しばらくの間痛みに耐えてほっとけば治ってしまいます。しかし、まれに大きい病気の予兆が原因であったり、利用しているクスリなどの副作用が原因の場合もあるので注意した方がよいようです。
潰瘍性大腸炎や尿毒症、ガン、白血病、ベーチェット病、クローン病といった疾病が、口内炎という症状となって現れていることもありますのであまり軽視するのも考えものです。
長期間口内炎を患うことが多い、頻繁に繰り返し口内炎が発症するという方は、専門医の診断をうけた方がよいかもしれません。心配しすぎるのも良くありませんが、口内炎だからと安易な気持ちで放置したりせず、どうもいつもより治癒に時間がかかる…、痛みがいつもと違う…、一度にたくさんできちゃった…、など、いつもとちがうと感じたら安心のためにも専門医に相談するようにしましょう。

口内炎にはプロポリス

プロポリスに豊富に含まれている、フラボノイドという成分には、非常に優れた抗菌作用や抗炎症作用を持っています。口内炎とは、口の中の粘膜が炎症を起こした状態です。ですから、プロポリスを摂取することで、その抗菌作用や抗炎症作用が口内炎の改善・予防を促してくれるのです。さらに、体内の免疫力も増すといわれています。
最近では、プロポリスを配合した歯磨き粉などが商品化されていますので、これらを口内炎の予防や対策に活用することができます。プロポリスのサプリメントなどももちろん効果的で、プロポリスを有効に活用することで2~3日程度という短期間で口内炎を治すことができるといわれています。
また口内炎は栄養不足や栄養の偏りが原因で発生することもあります。そんな時、プロポリスに豊富に含まれるビタミンやミネラルといった成分が、栄養補給にも役立ってくれることでしょう。忙しい日常生活でなかなか口内炎対策が取れない人は、プロポリスを活用してみるのも一つの有効な手段かもしれません。

スポンサードリンク

Filed under: プロポリスの効果 — admin 12:39 AM