プロポリスの副作用

スポンサードリンク

プロポリスの効果・効能が持てはやされ、自然が生み出す免疫向上剤、天然の抗生物質などとして、様々なプロポリス商品が出回るようになり、プロポリスの効能・効果については数多くの事例が報告されています。
では、プロポリスには世間一般に言う副作用に相当する反作用はないのでしょうか?
大半の意見は、ほぼ安全ということになっているようですが、やはり人によってはプロポリスにも副作用らしき事例もあるようです。

軽い事例だと下痢を起こしたり、体が赤くなったりと言った事例があります。またプロポリスに対してアレルギー反応を起こす人もいるようです。特に喘息患者の人は使用を止めておいた方がよいようです。そのなかでも最も多い副作用が接触性皮膚炎です。

プロポリスに副作用はあるのでしょうか? プロポリスに対してアレルギー反応を示す人が、プロポリス入りの化粧品や外用剤、歯磨き粉などを使用すると副作用としてかぶれてしまうことがあるようです。最近は、プロポリスを含んだ商品が多く出回っている事から、この接触性皮膚炎が増加していると言われています。
また、稀なケースではありますが、プロポリスの使用により肝障害をおこした事例もあるようです。これもやはりプロポリスに対して強いアレルギー反応がある人でした。それにしても皮肉なもので、プロポリスによって花粉症などのアレルギーが治ったと言う人もいれば、プロポリスによって副作用のアレルギーを起こしてしまう人もいるのですね。

接触性皮膚炎:何かに皮膚が接触することによって、かゆみや痛みをともなって赤く腫れたり、ぶつぶつ(庄疹)や水ふくれができたりする皮膚の病気を接触性皮膚炎といいます。刺激物質が皮膚について起こる刺激性接触性皮膚炎とアレルギー反応によって起こるアレルギー性接触性皮膚炎とがあります。治療法としては、皮膚の炎症がひどい場合にはステロイド外用薬を使用したり、かゆみをとめる抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用することもあります。原因がはっきりしないケースの場合は対症療法で治療を行います。家庭内でのケアとしては、まずは原因物質に直接触れないこと、身の回りを清潔にすることなどが挙げられます。症状がひどい場合は専門の医療機関で治療を受けることも必要になるでしょう。

プロポリスを上手に利用しましょう

その効能の多様さなど、確かに有能なプロポリスですが、全ての人に万能な健康食品ではないのは当然のことです。どんなものでも作用と反作用があるものですが、だからといってプロポリスが危険であると考える必要もないと思います。
大切なのは、万能に見えるプロポリスにも若干の副作用はあるのだという事を認識して、プロポリスが自分に合うのかどうか、どのように利用したらよいかを試してみることが必要なのだと思います。
プロポリスによる効果・効能の恩恵を受けている人も数多くいるのですから、プロポリスと上手にうまく付き合う方法を自分なりに探っていくことが必要ですし、大切なことでしょう。

スポンサードリンク

Filed under: プロポリスの利用法 — admin 1:14 AM