プロポリスの抗炎症作用

スポンサードリンク

プロポリスの顕著な生理作用のひとつに、抗炎症作用があげられます。プロポリスは「炎のつくほとんどの病気に効く」という医師もいるほどで、プロポリスの臨床応用文献の中で最も多いのがこの消炎作用なのです。
欧米での報告が多いのが、このプロポリスの抗炎症作用なんおですが、最近は日本でも、内科、外科、歯科、皮膚科の専門医もプロポリスの消炎作用に注目し臨床に応用している例も多くなっているようです。
多くの医師が異口同音にいうのは「口内炎」によく効いたと言う話ですが、海外では20年以上も前に、その臨床報告が行われていました。このほか、プロポリスの消炎作用は、歯周炎などウイルスによる発症と考えられている「炎」のつく病気にも有効だといわれています。
プロポリスの何が作用して強力な消炎作用を発揮しているのでしょうか。その有効成分については、プロポリス研究者の間では「消炎作用だけでなく、抗菌、麻酔、鎮痛作用が総合して作用しているものであろう」と考えているようです。また、「ひとつひとつの成分が、単独で作用しているのではなく、プロポリスに含まれる多様な成分が複雑に絡み合って、さまざまな効果を生み出しているともいわれます。したがって、プロポリスは、その全成分をそのまま利用することが重要なのではないか」という見方をしているようです。
つまり、消炎作用だけでなく、他の有効な作用と合わせた相乗効果が発揮されているということです。

ひとくちに炎症といっても、その原因はさまざまで、細菌・ウイルス・マイコプラズマなど微生物によるもの、体内の免疫システムの異常によっておこるアレルギーなど、熱や放射線など外部からの刺激によるものなどがあります。炎症の症状は、赤み・痛み。腫れ・熱・機能障害などを伴うことがほとんどです。
炎症は、その原因が多彩なことから、対応する抗炎症作用も多彩にならざるを得ません。プロポリスの抗炎症作用として、

  • 細胞賦活作用
  • 新陳代謝促進作用
  • 抗菌作用
  • リンパ組成の活性化作用
  • 血管透過性の改善作用
  • 鎮痛作用


があげられます。
炎症が治癒するためには、

  1. 痛みを止める
  2. 炎症の原因となる要素を取り除く・抑える
  3. 幹部の回復を待つ

といった手順をたどるようにしてあげればよいわけですが、プロポリスにはそうした炎症に対する強力な抗炎症作用が備わっているといえます。

抗炎症作用の成分

抗炎症作用を発揮する成分として、プロポリスに含まれるフラボノイドやカフェ酸が主成分と考えられています。特にフラボノイドは、炎症の発生・拡大に関わっている生理活性物質のプロスタグランジンの生成を妨げる働きがあります。抗炎症剤は、この生理活性物質ロスタグランジンの生成をどこかで抑止するためのものといえます。
プロポリスの抗炎症作用は非常に強力で、虫さされによる炎症や口内炎など比較的軽度な症状への即効性だけでなく、難病といわれる肝炎や皮膚炎、たとえばアトピー性皮膚炎にも効果があったという例は少なくありません。
ただし、まれに皮膚への直接塗布で接触性皮膚炎を起こす場合がある(2000人に一人程度のようです。)ので、注意するにこしたことはないでしょう。

それでは、どの位の量のプロポリスを飲めば効果が期待できるのでしょうか。この点に関しては、口内炎のように直接プロポリスを患部につけて炎症を抑える効果があるといっても、医薬品のように少量で効く、誰にでも効くというものではありません。このあたりの不確実さが「プロポリスは医薬品ではなく、健康食品なのだ」といわれる所以なのかもしれません。

スポンサードリンク

Filed under: プロポリスの効能 — admin 11:25 PM