プロポリスの抗酸化作用

スポンサードリンク

プロポリスには、最近話題になっている「活性酸素」を消去する作用があります。活性酸素消去作用とな何なのかのまえに、活性酸素とはそもそもなんなのでしょう?
活性酸素の「活性」とは、化学反応を起こしやすい性質の事をいいます。ということは、酸素は体の中でどう反応するのか、プロポリスはどうそれにかかわっているのか、ということです。

活性酸素

人間は、生きるために呼吸をし、酸素を体内に取り込んでいます。体に取り込まれた酸素は、血液に乗って体中に運ばれるわけですが、運ばれた酸素は、タンパク質や脂肪、ビタミンなどの栄養素と化学反応を起こし、エネルギーを発生させます。その時に、物質を酸化させる「活性酸素」が発生します。
酸素は、それに触れる物を酸化して腐らせるという性質を持っています。これは、私たちの体に対しても同じ働きをしてしまいます。悪い事に、体内で発生した活性酸素の酸化力はとても強いのです。しかし、人間の体も黙ってはいません。この活性酸素を消去してしまういろいろな酵素を持っていて体に障害が起こらないようにうまくバランスを取っています。たばこは活性酸素を発生させるしかし、その酵素のチカラにも限界があります。酵素で消去しきれなかった活性酸素は体にさまざまな障害を与えてしまうのです。
過剰な活性酸素が発生する原因は、日強生活の乱れや不摂生にある事がわかっています。過食、過労、ストレス、喫煙、肥満などがその代表と言えます。
増えてしまった活性酸素は、いろいろな病気の原因になるというワケです。例をあげると、動脈硬化を発生させ、さらに進行させる、ガン、糖尿病の引き金にもなります。その他、胃潰瘍、腎臓、肝臓商会系の障害、はては、アスベストによる肺の病気である塵肺の引き金にさえなるといわれます。

プロポリスで活性酸素除去

体内に発生した活性酸素を消去するには酵素の力がいるというのはもうおわかりだと思いますが、過剰に発生した活性酸素を消去するためには沢山の酵素が必要になります。活性酸素が多すぎて酵素の力が不足してしまった場合、その力不足を補助するために血液や組織の中に活性酸素を抑える物質が必要になります。この物質を「抗酸化剤」と呼んでいます。抗酸化剤の代表はビタミンE、ビタミンC、ベータカロチンなどのビタミン類ですが、実はプロポリスもその仲間で、強力な抗酸化力を持った助っ人になるのです。その有効成分としては、フラボノイドやカフェ酸が考えられています。特にフラボノイドは、プロポリスの主要成分のひとつとされ、これらが抗酸化物質として働くことで、活性酸素を無害化してくれるのだと考えられています。

スポンサードリンク

Filed under: プロポリスの効能 — admin 11:59 PM